ASATONのドキドキのシベリア鉄道体験記NO.4
「意外に楽しいモスクワ観光」

ロシアというとどうしても“ソ連”時代のイメージが強くて、物不足、何を買うにも行列、なんていう先入観があったのですが、以外でした。「豊か」な感じなのです。デパートにもスーパーにも ヨーロッパ諸国と変わらない品揃えがあるしおしゃれなお店もある。なーんだ、ベルリンで食べ物を買いこまなくても大丈夫だった…。ただ、品質については油断がならないらしくミネラルウオーターなんて「まがいもの」(中身はただの水道水)が売られていることもあるらしい。気をつけましょう。
                        
で、シベリア鉄道に乗る前に2日間観光する時間があったのですが、モスクワは以外にも見所があって なかなかよかったのです。クレムリンの中にある博物館(?)ではロマノフ王朝のお宝や豪華な馬車、衣装にため息をもらしてました。ロシア正教の寺院はヨーロッパのほかの大聖堂とは違った趣があって興味深いし、赤の広場を実際に見れる感動を味わい、おいしいボルシチに舌鼓を打ち…。あ、お土産屋さんのマトリョーシカを見るのも楽しいです。最新版は なんと「ハリー・ポッターのマトリョーシカ」!なんでも作っちゃうんだな。YちゃんとMちゃんは お土産に小さいマトリョーシカを買ったのですがこれがすごい。2〜3センチくらいなのに12個も人形が入っているという。お店のおばちゃんは ニコニコしながら楽しそうに いろんなマトリョーシカを見せてくれました。

モスクワの地下鉄は恐ろしい、と聞いていたのでびくびくしながら乗ったのですが何事も無くてホッとしました。まあ、まわりのロシア人がきつーい顔でこっちを見ていたりするのもあって 良い雰囲気とはいえないので注意が必要だと思いますが。

つづく


戻る