美しい街にある近代的で画期的な語学学校です!(British Council認定校)

学校はロンドンの郊外(電車で約30分)テニスの4大タイトルで名も親しいウインブルドンにある。緑が多く安全な地域で、高級住宅街としても人気のあるところである。しずかな落ち着いた雰囲気と、活気が溢れるこの街は学生たちが勉強をするには最適の街である。又ゴルフ、テニス、乗馬などイギリスならではのスポーツが楽しめるのもこの地域ならではである。
学校は1964年に創立して以来、約150カ国の学生たちが個々で学び、質の良い教師たちとともに学校生活が送られる。授業は学生たちがやる気を持って勉強できるように工夫され、宿題も出される。真剣に勉強に取り組める学校である。その反面、アトラクションも充実していて学生たちの良き交流を図る場が設けられている。

41 Worple Road, Wimbledon, London
SW19 4JZ
Tel:020-8947-1921
Fax:020-8944-0275
E-mail:principal@wimbledon-school.ac.uk
URL:www.wimbledon-school.ac.uk
アクセス:地下鉄 Disctict Line/Wimbledon 徒歩3分/BR Wimbledon 徒歩3分
   

明るいコンピュータールーム

   
■図書館(Libraly) 有
■自習室(Study Room) 有 PCも10台くらいある。
■PC(無料)
■PC日本語対応 送信(有)・受信(有)
■食堂(Canteen)(有)ラーメンも売っている
   
■ホストファミリー宅へのアクセス徒歩30分以内
■シングル
■食事(朝/夕)
■その他 フラットやハウスシェアもある。



■レベルの種類
 Beginners, Elementary, Pre-intermediate,
 Intermediate A&B, Upper intermediate,
 Advanced, Proficiency
■クラスの人数
 14人 夏は16人
■生徒の国籍
 Korean, Thai, Chinese, Japanese
■最低入学可能期間(minimum entry)
 1week(16歳から受付)
■Option
 Exam. Course( Cambridge / TOEFL /
 TOEIC / IELTS )
   

広い庭でくつろぐ学生達

   

■School Registration Fee (有) £35
■Accommodation Registration Fee (有) £35
■教材 (無料) 
   

■レッスンは週20時間と、他の学校に比べて力を入れている。
■各教室にテレビとビデオが設置されている。 また、ビデオやDVDの貸し出しもできる。
■生徒がゆっくりくつろげるホールやピンポン台、ピアノの設置があり、自由に使える。
■また、広い庭がありベンチとテーブルがいくつもあるので、お天気のいい日には外でゆっくりくつろげる。


プロフィール
男性(22歳) 留学期間:2003年9月13日〜12週間
留学費用 約100万円
1ヶ月の生活費
(授業料、滞在費、食事を除く)
約300ポンド
割引や利点はありましたか? 学生証を作ると1ヶ月のバスパスが30%引きになる。
何があなたに自信を与えましたか? 異国の文化を知っていろいろな文化を知れたこと。初めての海外だったので,全てが経験であったが,一つ一つガイドブックや海外の人に声をかけたりしていくうちになれてきた。
どのように外国人またはネイティヴと交流を計ろうとしましたか? 積極的に海外の人に声をかけた。日本とやはり文化というものが違うので、そこをわかっての上で付き合った。


プロフィール
女性(25歳) 留学期間:2003年6月30日〜24週間
留学費用 約200万円
1ヶ月の生活費
(授業料、滞在費、食事を除く)
約400ポンド
割引や利点はありましたか? 学校の学生証(無料)を見せるとほとんどの美術館などは学生料金で入場できますが、バスパスを買うときは公共の学生証(年間5ポンド)ご必要です。
どのようはActivityがありましたか? 日帰り旅行(£20〜30)、スクールパーティー、テニス、バドミントン、サッカー、ミュージカルツアー
この学校を選んでよかったと思ったこと 先生の教え方が本当に良く、適切なアドバイスをしてくれます。
ホームステイ先の設備 部屋にTVはないけれど(ある人もいる)、リビングルームのを自由に見ることができます。きちんとした勉強机、ワードローブ、ベッド、たんすなど(鏡)があり不自由はないです。
どのように外国人またはネイティヴと交流を計ろうとしましたか? ネイティヴと知り合う機会がなく、いまだにネイティヴの友達はいませんが、外国人と常に一緒にいるようにしています。日本人と一緒にいる時間はほとんどありません。少しでの多く英語を話す環境に自分を置いておきたいのですが、ジムでしかネイティヴと話す機会がないのが残念です。


プロフィール
男性(20歳) 留学期間:2003年5月26日〜36週間
留学費用 約200〜250万円
1ヶ月の生活費
(授業料、滞在費、食事を除く)
約150〜200ポンド
通学にはどの交通手段を一番利用していますか? バス/費用:8.5ポンド(週)
この学校を選んでよかったと思ったこと いろいろな国の友達がたくさん出来た。
この学校の不満は? 特になし。
学校の雰囲気はどうですか? 皆、明るく勉強しているのでとてもいい雰囲気。
持っていけばよかったと思った持ち物 日本の薬、自分の写真(ホストファミリーや学校の友達に見せるため)→それによって会話がすすむ。サンダル(とても重要)
何があなたに自信を与えましたか? 日本人以外の人と話すことで、また自分の言っていることが相手に通じることがだんだん自信に変わっていった。
どのように外国人またはネイティヴと交流を計ろうとしましたか? 積極的に話しかける。


プロフィール
男性(28歳) 留学期間:2003年9月28日〜8週間
留学費用 約80万円
1ヶ月の生活費
(授業料、滞在費、食事を除く)
約200ポンド
学校の周辺について 通りに面している。パブ、スポーツクラブ、デパート銀 行、スーパーなどが徒歩3分圏内。
この学校を選んでよかったと思ったこと 質は高いと思う。郊外にあるので勉強に平日は集中できる。
この学校の不満は? 日本人と韓国人が多すぎ。国籍の割合上限を設けるべき。
学校の雰囲気はどうですか? 学校はフレンドリーなふうに機を作っているが,あまりフレンドリーではない。グループで固まっている感じ。↑このせいも大きい。
一番つらかったことは何ですか? クラスのレベルについていけないことなど。勉強面で他の生徒に対する劣等感がしばらく抜けなかったこと。
何があなたに自信を与えましたか? 時が経てばなれる。そして上達し、最後にはクラス1のNoisy Studentになれる。
どのように外国人またはネイティヴと交流を計ろうとしましたか? It depends on circumstance and personality. 百聞は一見にしかず。


語学学校一覧に戻る