会社案内

メールマガジン「イギリスより愛を込めて」は、
毎週このようなコンテンツをお届けしています。
(下記のサンプルは、送信されるものをそのまま掲載しています)

=== UK-J便り ================================ UK-J Network Ltd. ====

イギリス最新情報     2001年11月10日号

==================================================================

ご利用ありがとうございます。 ロンドンも今週は寒い1週間でした。週の半ばはこの冬初めての雪が積もりました。 真冬でも珍しいロンドンの雪も、今年は例年になく早くにお目見えでした。 クリスマスがこんなだったら良いのになと、皆が口をそろえて言うぐらい、街もそろそろクリスマスのデコレーションの準備が始まっています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の新着情報はこちら!

*ロンドン天気予報
*UK最新トピックス
*Film Review "Harry Potter And The Philosopher's Stone"
*UK-J Q&A 「短期留学」 
*留学生の声 「ASATONのエジンバラ便りNo.2」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ロンドン天気予報   2001年11月10日 ====================================================================

11月11日(日)晴れ  最高気温12℃ 最低気温6℃
11月12日(月)晴れ  最高気温12℃ 最低気温7℃
11月13日(火)晴れ  最高気温11℃ 最低気温7℃
11月14日(水)晴れ  最高気温11℃ 最低気温5℃
11月15日(木)晴れ  最高気温11℃ 最低気温5℃

以降は http://www.thisislondon.co.uk/html/news/weather/top_direct.html をご覧下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

UK最新トピックス   2001年11月10日号 ====================================================================

1、 文化の秋

イギリスはまさに文化の秋。先駆けはフィルム・フェスティバル。世界各国の有名 フィルムだけでなく、若手プロデューサーの才能を発掘する催しでもある。音楽好き にはジャズ・フェスティバル。これらはほぼ2週間にわたり開催される。多くの趣味 を持つ人には多忙の時期になりそうだ。

また週末はロード・メイヤー・ショウという市長さんのきらびやかな行列に続き、日曜日はリメンバランス・ディとして、世界大戦の戦没者の追悼式が恒例によってしめやかに行われる。シンボルは真っ赤なけしの花。

2、 晦日は大フィーバー!

12月31日の大晦日は、通常11時で閉店するパブがイングランド、ウェールズで24時間経営を許された。よって大晦日はパブで朝まで飲めることに。

これによりかなりの酔っ払いが増え、喧嘩が起こるということを想定して、警官の動員数もかなり増やす。おまわりさん、年末年始もご苦労様です。

3、 クリスマスのお話

クリスマスの楽しみの一つは毎年趣向を凝らしたデザインの切手。今週すでに発売開始されたこのクリスマス切手。今年のデザインはアーサー・ロビンスによるロビン (こまどり)のコミカルな模様。デザインを見てみたい方はこちら http://www.royalmail.com/default.htm

お手元に届いたら嬉しいですね。

4、UKヒットチャート
http://www.bbc.co.uk/totp/top40/index.shtml

1, Because I Got High by Afroman
2, Rapture by IIO
3, Fallin' by Alicia Keys
4, I'm Real by Jennifer Lopez
5, Bohemian Like You by Dandy Warhols
6, Hey Baby by DJ Otzi
7, Can't Get You Out Of My Head by Kylie Minogue
8, What Would You Do by City High
9, Closer To Me by Five
10, One Night Stand by Mis-Teeq

以上最新トピックスでした。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Film Review "Harry Potter And The Philosopher's Stone"

====================================================================

Possibly Hollywood's first bespectacled hero since Harold Lloyd, Harry Potter makes a satisfactory, albeit unspectacular, celluloid debut in Chris Columbus' $125 million movie about the young boy destined to be a great wizard.

Treating JK Rowling's debut novel with a reverence that wasn't even accorded to The Bible, Hollywood serves up a two-and-a-half hour fantasy that gets the introductions out of the way, paving the way for more plot-driven tales in what's sure to become the biggest franchise of all time. (On the big screen, incidentally, the story's similarities to "Star Wars" are even more pronounced.)

If you've read the novel - and if you haven't, why not? - impeccable casting means you'll feel like you've met all of these characters already. The three young leads - Radcliffe, Grint, and especially Watson - deliver likable, natural performances, while the film's biggest joy is watching the spot-on performances of their peers: Maggie Smith plays Professor McGonagall like Miss Jean Brodie with a pointy hat, while Robbie Coltrane steals the show as loose-lipped Hagrid. Alan Rickman, meanwhile, sneers for England as Professor Snape.

Indeed, the whole film plays like an advertisement for historic old England - if this doesn't get Americans buying our castles and cathedrals, or at least coming to look at them again, nothing will. Hell, even King's Cross station looks pleasant.

The film's not flawless, though. It's half an hour too long and much of the book's humour is jettisoned. Still, it's refreshing to witness a big-budget movie where the impressive special effects complement the story, rather than merely compensate for the lack of one.

"Harry Potter" may not leave you spellbound, then, but it'll definitely leave you wanting to discover the "Chamber of Secrets".

"Harry Potter and the Philosopher's Stone" opens in UK cinemas on Friday 16th November, with previews this weekend (10th-11th November)

BBCより抜粋

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

UK-J Q&A  「短期留学」

====================================================================


わたしは会社勤めで、英語留学をしたいのですが、短期のやすみしかとれません。なにかいいコースはありますか?


はいあります。英語の先生のお宅に住み込んで、どっぷりと英語をならうホームティチャープログラムです。 いろいろな年齢やレベルの生徒が混じりあった語学学校の授業に比べて、先生の快適 なお家であなたの個性に合わせて受けるマンツーマンのほうが、ずっとハイクオリティーなのはいうまでもありません。リラックスした環境で学べるだけでなく先生は、あなたのニーズに合うようにコース内容を工夫し、ゴールに近づけるようやさし くサポートします。

社会人となるととかくのんびりしていられないもの。効率のよい学習が必須ですが、 このホームティチャープログラムで、短時間の語学力アップも夢ではありません。すでにお仕事をお持ちで一般的な目的で外国語が必要と言う方にこのコースは最適です。というのもあなたの年齢や個性に合わせて先生をお選びするからです。

詳しくは、UK−Jまで。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

留学生の滞在日記 Vol.34    「ASATONのエジンバラ便りNo.2」

====================================================================

SCOTLAND名物編

バクパイプのおじさん

スコットランドの有名な楽器バグパイプ。エジンバラの街でよく演奏している人を見掛けます。それを聞くと「スコットランドにいる」という気にさせて、なかなか良い気分です。
”バグパイプおやじ”は絶対にキルトをきている。スコットランドの民族衣装なのでこちらでは、男がスカートをはいても変とは感じない。(ちなみにあのタータン チェックの柄というか、パターンは部族ごとに決まったパターンがあるそうです。日本の家紋の様なものか?)
こちらにきて、1週間後に友人が夏のスコットランドを楽しもうと遊びにきました。 彼女はエジンバラの古い趣のある街並みに大感激!!(私もですが) ”パイプおや じ”を街中で見つけた時には、よろこんで写真をとっていました。その後も街のあち こちでキルトをはいた男の人を見かけると、その度に「何かに似ている...」と友人は考えこんでいました。そして、「わかった!!女子高生だよ。日本の女子高生! !上だけみたら普通のおやじだけどさ。下だけみたらミニスカートとハイソックスで 女子高生そっくり。そう思わへん??」 本当だー。しかもタータン

あさとんハギスを食べる!

スコットランド名物の料理ハギス。羊の内臓をミンチにして、スパイスをきかせたものなのだが...。地元の若い女の子は「私は嫌い」と言っていたりするのだが、好きな人は好きらしい。で、友人エジンバラに早速遊びに来た時に2人で、恐る恐る挑 戦してみました。味は...くせがあるというか、臭みを消すためにスパイスを万々きかせてあるので辛いくらいだった。まずく無いけど、美味しいともいえないという ところでしょうか。

SCOTLANDの甘いもの

キャラメルに似たBUTTER TABLETはなかなかGOOD!ついつい口にいれてしまいます。バターたっぷりのショートブレッド(日本でおなじみ)も良いし、 ホかにも柔らかくて口の中でサクサクといけるBUTTER FUDGEもいける。 と、こんな調子でたべているので あさとんのお腹は段々とポッコリ前に進出してき ています。

まだまだ次週に続く

(ASATON)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

UK-Jよりのお知らせ

====================================================================

冬休み短期留学
年末年始しか休みが取れない、という方のためにご用意いたしました。

*ホームティチャー・プログラム
先生のお宅で滞在しながら英語を学びます。通常休みになるクリスマス、年末年始も手配をしております。

*英語+スコットランド旅行プログラム
クリスマスはイギリスの家庭で伝統的に過ごし、お正月は楽しくホグマニー(大晦日のお祭り、スコットランドの名物のひとつ)を行うスコットランドで過ごします。

ご興味のある方はUK-Jまでお問い合わせください。
uk-j@btconnect.com

その他の留学についてのご相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせくださ い。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

編集後記
今週のUK-J便りお楽しみいただきましたか?
皆さんに楽しい話題をといつもスタッフが情報集めをしています。ぜひ、ご意見ご感想をお聞かせください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
\ ☆詳しくは☆ / ★★UK-Jはあなたの夢を応援するサポートセンターです★★
━ \  Click  /━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----\Now! /--- イギリス留学をお考えの方は<<<<<<<< 今すぐアクセス<<<<<<
------\/----- イギリス旅行をお考えの方は<<<<<<<< 今すぐアクセス<<<<<<
http://www.uk-jnetwork.co.uk  新学生旅行記がUP!! お見逃しなく!
留学のご相談お問い合わせは uk-j@btconnect.com  まで       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

★ UK-J便り イギリスより愛をこめて ★

メールアドレス登録フォーム

メールマガジン登録
イギリスより愛をこめて

電子メールアドレス(半角):
メールマガジン解除

電子メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

※メールアドレスは正しくご入力ください。
ご登録後1週間経っても届かない場合、メールアドレスのエラーが考えられますので、
お手数ですが再登録をお願いいたします。

最初のページに戻る / メインページへ